スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使の歌声 掛屋剛志

皆さんは掛屋剛志くんのことを知っているだろうか。生まれながらに視覚障害、知的障害そして成長発達ホルモン分泌障害というハンディを抱えながら各地で演奏活動をする16歳の高校生だ。

目が見えないから楽譜は読めない。彼の音楽はすべて耳からの情報を音にすること。彼の周りにあるものすべてが音楽になるので。

例えば、床。彼の手にかかれば、こするだけでメローディーになる。

演奏会はピアノの弾き語り。彼の歌声は透き通る天使の声。会場の聴衆はハンカチで涙を拭きながら演奏を聴く。本当に純粋なものに触れた感動を皆が覚える。「もっと、私たちもしっかりしなくては」と逆に励まされる。

彼には1歳年が違う弟がいる。障害を抱えた兄をもつことを理解してくれる女性と結婚すると親に話ているそうだ。

彼の音楽はそんな家族に支えられているからこそ、聴く人に温かい感動を伝える。

一度生の演奏を聴いてみたい。

やすらぎの時代へ(DVD付)やすらぎの時代へ(DVD付)
(2006/10/06)
掛屋剛志

商品詳細を見る










スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mrnorick1959

Author:mrnorick1959
大学を卒業した1981年から2年間、西アフリカのガーナ共和国で科学を英語で教える。以後30年、国際交流、国際協力の事業に携わる。地域に住む外国籍の子供たちへの支援も始める。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。