スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汲み取り式トイレとエンドトキシン

前回のブログで家畜の糞がアレルギー体質を作らないことに大きく貢献していることを紹介した。

人間のものはどうだろう?昭和30年代は生活環境が大きく変化した。洗濯機、掃除機と家庭からほこりやばい菌を取り除く機械がどんどん導入された。

トイレはどうだろう。汲み取り式から水洗へと大きく変化しているのではないだろうか?その時期は都会と地方でも差がある。実家が水洗になったのはつい最近のことだ。

汲み取り式トイレを使用している場合は独特の臭いがある。汲み取り式のトイレからは家畜の糞からでるエンドトキシンは発生しないのだろうか?

NHKの放送でも紹介していたが、モンゴルは花粉症やその他のアレルギーが少ない。これは遊牧民が日常的に家畜と接し、また、家畜の糞を燃料とするという生活、まさにエンドトキシンに囲まれた環境にいるからだと報告されている。

私たちは衛生的で快適、便利と引き換えに、本当に大切なものをなくしているのかもしれない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mrnorick1959

Author:mrnorick1959
大学を卒業した1981年から2年間、西アフリカのガーナ共和国で科学を英語で教える。以後30年、国際交流、国際協力の事業に携わる。地域に住む外国籍の子供たちへの支援も始める。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。